WordPress Security How To
Posted By Gregory

エクスポートパフォーマンスの最適化


English version: Optimizing export performance


多数のアクティビティイベントまたはトラフィックログエントリのエクスポートで問題が発生し、CSVファイルをダウンロードできない場合は、プラグインのエクスポートメカニズムを微調整できます。

WP Cerberは、エクスポートファイルを作成するときに、数回の反復で作成します。つまり、データベースから取得したすべての行をチャンクに分割します。デフォルトでは、チャンクのサイズは1000行に設定されています。 wp-config.phpファイルでPHP定数を指定することにより、このサイズを任意の値に変更できます。これを行うには、<?phpの後の次の行のwp-config.phpの先頭に次の行を追加します。

define( 'CERBER_EXPORT_CHUNK', 2000 );

値を増減してみることができます。最適な値は、サーバーの構成によって異なります。数値が大きいほど、より多くのサーバーメモリが消費され、エクスポートの完了にかかる時間(通常)が短くなります。したがって、最適な値は、単一のデータベース要求ごとにサーバーが処理できるデータのサイズと、PHPの実行時間に構成された制限との間の妥協点によって決まります。 Webサーバーがそれを処理できる場合は、任意の妥当な値に上げることができます。

増やす必要があるかもしれないPHP設定

WP Cerberがエクスポートファイルを作成するとき、デフォルトのPHP設定を変更することにより、追加のリソースを割り当てようとします。これは通常、手動で変更する必要はありません。ただし、一部のホスティングでは、これはサーバーポリシーによってブロックされており、php.iniファイルで手動で設定するしかありません。

  1. php.iniファイルのmax_execution_timeディレクティブを変更することで、PHPがスクリプトの実行を許可する時間を制御できます。標準値は30秒です。 60秒に設定してみてください。
  2. memory_limitディレクティブを変更することにより、PHPスクリプトが消費できるメモリの量を制御できます。通常の値は256MBです。良いものは512MBです。

I'm a team lead in Cerber Tech. I'm a software & database architect, WordPress - PHP - SQL - JavaScript developer. I started coding in 1993 on IBM System/370 (yeah, that was amazing days) and today software engineering at Cerber Tech is how I make my living. I've taught to have high standards for myself as well as using them in developing software solutions.

View Comments
There are currently no comments.