Releases
Releases

WP Cerber Security 8.8


English version: WP Cerber Security 8.8


プラグインの多くのアルゴリズムと部分にいくつかの新機能と複数の重要な改善をもたらすWPCerberのメジャーリリースを発表できることを嬉しく思います。一部の機能は、プラグインのプロフェッショナルバージョンでのみ使用できます。

アプリケーションのパスワード管理が正しく行われる

WordPressアプリケーションのパスワードの使用を制御できます。 WP Cerberには、アプリケーションのパスワードを効果的かつ安全に管理するための一連の機能があります。単なるオンオフスイッチ以上のものが必要な場合に使用してください。設定をグローバルに、役割ごとに構成し、アクティビティログで使用状況を監視し、関連するイベントの通知を受け取ることができます。たとえば、ユーザーが電子メールやモバイル通知を介してパスワードを作成します。

WP Cerberは、プロファイルページのユーザーのアプリケーションパスワードのリストに2つの新しい列を追加して、アクティビティログの関連イベントを監視します。

新しいイベントがログに記録されるようになりました:APIリクエストが承認されました、APIリクエストが承認されませんでした、ユーザーアプリケーションのパスワードが作成されました。

詳細: WordPressアプリケーションのパスワードを正しい方法で管理する。

カスタムコメントURLはスパム保護を改善します

このスパム対策機能は、カスタムログインURLと同様に機能します。それはあなたのウェブサイトにそれをユニークにすることによってWordPressコメントフォームのスパム保護の効率を改善します。あなたがする必要がある唯一のことはそれをオンにすることです。スイッチはスパム対策設定ページにあります。

ユーザーログインプロセスが改善されました

Cerberのアクセス制御メカニズムによるユーザー認証と承認の処理が大幅に改善および最適化され、サードパーティのコネクタとWordPressプラグインを介した外部ユーザー認証を使用できるようになりました。

新しい設定と便利な機能

ユーザーセッションに構成された制限に達し、新しいセッションが拒否されるように構成された場合に表示されるユーザーメッセージを指定できます。簡単に言うと、セッション数の制限のためにユーザーがログインを許可されていない場合、デフォルトのメッセージではなくこのメッセージが表示されます。設定は、[ユーザーポリシー]管理メニューの役割ベースの設定ページにあります。

Limiting the number of concurrent user sessions in WordPress

A custom user message when limiting the number of concurrent user sessions in WordPress

WordPressで同時ユーザーセッションの数を制限する方法の詳細をご覧ください。

新しいトラフィックログ設定:「すべてのRESTAPIリクエストをログに記録する」および「すべてのXML-RPCリクエストをログに記録する」。最小ログレベルが設定されている場合、APIリクエストを監視し、Webサーバーの負荷を軽減するのに役立ちます。

新しいトラフィックログ設定:「応答ヘッダーの保存」と「応答Cookieの保存」。これらは主に、WordPressとアクティブなプラグインがユーザーのブラウザに送信するものを理解するための診断目的で導入されました。通常の状況では有効にしないでください。

マイナーな改善

  • さまざまなWebサーバー構成との互換性を高めるために、リストエントリまたは要求されたURIにGETパラメータがない場合、 スパム対策クエリホワイトリストは末尾のスラッシュを無視するようになりました。たとえば、「https://wpcerber.com/some-path/」のようなリクエストの場合、これら2つのエントリ「/ some-path /」と「/ some-path」は同じになります。
  • トラフィックインスペクターログの拡張および無効なUTF-8文字の処理が改善されました。一部のデータベースフィールドの照合は、utf8mb4_unicode_ciに変換されます。
  • 管理インターフェイス全体のWPCerberのログでの無効なUTF-8文字(無効なバイトシーケンス)の表示が改善されました。
  • WP Cerberはテスト済みで、jQuery3と完全に互換性があります。
  • プラグイン管理インターフェースの文言と翻訳が更新され、改善されました。

バグの修正

  • PHP8でCerber.Hubマスターモードをアクティブ化できなかったバグを修正しました。
  • 修正されたバグ:「標準モード」が有効になっているリモートWebサイトでCerber.Hubを使用すると、一部のWPCerber設定の保存中に致命的なPHPエラーが発生します。
  • Webサーバーのエラーログに警告メッセージが生成されるバグを修正しました。未定義の定数LOGGED_IN_COOKIEの使用–「LOGGED_IN_COOKIE」と見なされます
  • Webサイトのすべてのフォームでスパム対策エンジンが有効になっていると、テーマのプレビューがブロックされるバグを修正しました。

I'm a team lead in Cerber Tech. I'm a software & database architect, WordPress - PHP - SQL - JavaScript developer. I started coding in 1993 on IBM System/370 (yeah, that was amazing days) and today software engineering at Cerber Tech is how I make my living. I've taught to have high standards for myself as well as using them in developing software solutions.

View Comments
There are currently no comments.