Help
Posted By Gregory

スパム対策エンジンの例外の構成


English version: Configuring exceptions for the anti-spam engine


通常、フォームを送信したり、プログラムでPOSTリクエストを送信したりして、Webサイトと通信するテクノロジを使用する場合は、スパム対策の例外を設定する必要があります。このような場合、WP Cerberは、ボットによって生成されたものとしてそれらを認識できるため、正当な要求をブロックできます。これにより誤検知が発生し、[アクティビティ]タブで確認できます。このようなログエントリは、スパムフォームの送信が拒否されたとマークされます。

検査からリクエストを除外する方法

すべてのスパム対策例外は、スパム対策管理ページで構成されます。

スパム対策エンジンによる検査から特定の要求(フォーム送信)を除外するには、要求パスと、オプションで、クエリホワイトリスト設定フィールドにクエリ文字列(要求パラメーター)を指定する必要があります。

リクエストURIが指定された文字列のいずれかで始まるか等しい場合、それは検査およびブロックされません。

複雑なルールを作成するには、REGEX式を使用できます。詳細については、以下をご覧ください。

いくつかの例

例外#1指定された文字列で始まるリクエストURIを持つすべてのリクエストを許可し/ps/wc-ajax=whatever_till_the_end

例外#2リクエストURIが指定されたREGEXパターンと一致する場合、すべてのリクエストを許可します( /file-upload.php?user_id=23432

Anti-spam for WordPress exceptions

Anti-spam for WordPress – configuring exceptions

リクエストURIを識別する方法

ライブトラフィック管理ページに移動します。ホワイトリストに登録する必要のある正当なリクエストを見つけて、 [リクエスト]列からそのリクエストURIを取得します。以下のスクリーンショットのように、リクエストURIに動的なGETパラメータが含まれている場合は、REGEX式を使用する必要がある場合があります。

Request URIs on the Live Traffic page in the WordPress dashboard

Request URI on the Live Traffic page in the WordPress dashboard

正規表現

クエリホワイトリストは、1行に1つのパターンの正規表現をサポートしています。検査から除外するには、リクエストURIがREGEXパターン全体と一致する必要があります。

REGEXパターンを指定するには、行全体を2つの{}中括弧で囲みます。たとえば、任意の数値を含む数値のGETパラメーターuser_idを持つfile-upload.phpスクリプトへの要求を除外するには、次の文字列を指定します。

 {\ / file-upload \ .php \?user_id = \ d + $}

注:REGEX式でスラッシュ/文字を指定するには、次のようにバックスラッシュ\でエスケープする必要があります: \/

WordPress anti-spam settings

WordPress anti-spam settings

参照: WordPressでスパムユーザー登録を停止する方法


I'm a team lead in Cerber Tech. I'm a software & database architect, WordPress - PHP - SQL - JavaScript developer. I started coding in 1993 on IBM System/370 (yeah, that was amazing days) and today software engineering at Cerber Tech is how I make my living. I've taught to have high standards for myself as well as using them in developing software solutions.

View Comments
There are currently no comments.