Releases
Posted By Gregory

WP Cerber Security 8.2


English version: WP Cerber Security 8.2


新しいサイバーセキュリティの脅威とリスクに対応するために、WP CerberSecurityアルゴリズムのインテリジェンスを継続的に改善しています。 Twitterでフォローして、最新のセキュリティニュースを入手してください。これが、このバージョンで実装したものです。

変更および感染したファイルの自動回復

マルウェアスキャナーは、コアのWordPressファイルとプラグインの変更を検出すると、それらを自動的に回復します。この機能は、スケジュールされた定期スキャンがスキャナー設定で構成されている場合に機能します。悪意のあるファイルの自動削除と同様に、スキャナーは隔離されたファイルのバックアップコピーを作成し、電子メールレポートに表示します。

アクティビティログのレイアウトが改善されました

クイックナビゲーションボタンのセットを追加しました。ログレコードをすばやく除外できます。

「購読」ボタンと通知機能は「アラートの作成」に名前が変更されました。通知について: WordPressの通知が簡単になりました

Forbidden403ページの更新

一意のセッションID(SID)がForbidden403ページに表示されるようになりました。リクエストがブロックされた理由を把握する必要がある場合は、特定のリクエストを特定できます。

Forbidden 403 Page: We're sorry, you are not allowed to proceed

Forbidden 403 Page: We’re sorry, you are not allowed to proceed

ライブトラフィックページの高度な検索を改善しました

複数のユーザーIDを指定し、これらのユーザーIDを含めるか除外するかを選択することで、検索を絞り込んだり拡大したりできるようになりました。また、[ユーザー]フィールドでユーザー名でユーザーを検索し、禁止ページから取得したセッションID(SID)を使用することもできます(「申し訳ありませんが、続行できません」)。

Advanced Search Form

Advanced Search Form

ウェブサイトをGDPRに準拠させるために、Cookieプレフィックスを設定できます

その設定に応じて、WPCerberはユーザーブラウザにいくつかのCookieを設定します。これらのCookieには、個人情報や機密情報は含まれていません。ただし、GDPRコンプライアンスを管理できるようにするために、WPCerberによって生成されるすべてのCookie名のプレフィックスとして使用されるテキスト文字列を設定できます。新しい設定「プラグインCookieのプレフィックス」は、「サイト固有の設定」セクションの「メイン設定」ページにあります。プレフィックスには、ラテン英数字とアンダースコアのみを含めることができます。

CONCATENATE_SCRIPTSに関連する警告はもうありません

まれに、「管理スクリプトの保護」が有効になっていて、定数が別のプラグインまたはホスティング設定のどこかですでに定義されている場合、「定数CONCATENATE_SCRIPTSがすでに定義されています」という警告メッセージがサーバーエラーログに表示されることがあります。さて、この状況はよりきちんと処理されました。

マイナーな変更と更新

ロックアウト通知設定は[通知]タブに移動します。

サイト整合性スキャナーの「クイックスキャン」モードでは、拡張子がphtm、phtml、phps、php2、php3、php4、php5、php6、php7のファイルもスキャンされるようになりました。


I'm a team lead in Cerber Tech. I'm a software & database architect, WordPress - PHP - SQL - JavaScript developer. I started coding in 1993 on IBM System/370 (yeah, that was amazing days) and today software engineering at Cerber Tech is how I make my living. I've taught to have high standards for myself as well as using them in developing software solutions.

View Comments
There are currently no comments.