Releases

WP Cerber Security 8.9.5


English version: WP Cerber Security 8.9.5


このバージョンでは、小さいながらも重要な改善、パフォーマンスの最適化、バグ修正が多数行われています。 WP Cerber 8.9.5以降、推奨される最小バージョンはWordPress5.5です。サポートされている最小バージョンは引き続きWordPress4.9です。

アクティビティログの改善

  • 管理者がWordPressダッシュボードの管理ページを介してユーザーセッションを手動で終了したり、ユーザーをブロックしたりしたときに発生したものを含む、すべてのユーザーセッションの終了をログに記録します。以前は、WP Cerberは、許可される同時ユーザーセッションの数に設定された制限が原因で発生したユーザーセッションの終了をログに記録していました。
  • ユーザーセッションがWebサイト管理者によって終了された場合、管理者の名前がログに記録され、アクティビティログに表示されます。
  • ユーザー管理ページの編集、およびWooCommerceアカウント編集ページで行われた変更を含むすべてのユーザーパスワードの変更をログに記録します。以前のWPCerberは、公開ページで行われた変更のみをログに記録していました。
  • ロギングアプリケーションのパスワードが変更されます。これらは、WordPress RESTAPIへのアクセスを許可するために使用されます。 [ユーザーポリシー]設定ページで、アプリケーションパスワードの使用を制限または拒否できます
  • reCAPTCHA関連のイベントのログが刷新され、WPCerberのログでより詳細で一貫性のある情報が提供されるようになりました。
  • アクティビティログの新しいステータスラベル:ユーザーがreCAPTCHAを正常に解決すると、「reCAPTCHA検証済み」が表示されます
  • アクティビティログの新しいステータスラベル:「すべての場所でログアウト」は、ユーザーがすべてのデバイスとすべての場所で完全にログアウトしたときに表示されます。
  • 失敗したreCAPTCHA検証は、リンクされているフォーム送信イベントとともにログに記録されます。
  • 新しいイベントがログに記録されます:「パスワードリセット要求が拒否されました」。ステータスが「reCAPTCHA検証に失敗しました」、「ユーザーが管理者によってブロックされました」、「ユーザー名が禁止されています」の可能性があります。
  • ユーザーパスワードのリセットの処理が改善され、WordPressコアの変更がサポートされるようになりました。

スパム保護の新しい設定

修正されたバグ

  • ユーザーが削除された場合、またはユーザーがログインしているときにWebサイト管理者によってWordPressダッシュボードでパスワードが変更された場合に、致命的なソフトウェアエラーを引き起こすCookie関連のバグ。
  • WordPressのパスワード紛失(パスワードのリセット)フォームのバグで、ユーザーにエラーメッセージを表示できません。これは、フォームに表示されるreCAPTCHAが有効になっている場合、「デフォルトのパスワードリセットエラーメッセージを無効にする」が有効になっている場合、およびユーザーがフォームを送信する前にreCAPTCHAチェックボックスをオンにしない場合に発生します。
  • 許可される同時ユーザーセッション数の制限が1に設定されている場合、ユーザー名と間違ったパスワードでログインしようとすると、ユーザーの既存のセッションが終了します(ユーザーはWP Cerberによってログアウトされます)。
  • Webサイト管理者によってブロックされたユーザーのパスワードをリセットしようとしているときに、このイベントは「パスワードリセット要求が拒否されました」ではなく「パスワードリセット要求」としてログに記録されます。
  • 禁止されているユーザー名のユーザーのパスワードをリセットしようとすると、このイベントは「パスワードリセット要求が拒否されました」ではなく「パスワードリセット要求」としてログに記録されます。

I'm a team lead in Cerber Tech. I'm a software & database architect, WordPress - PHP - SQL - JavaScript developer. I started coding in 1993 on IBM System/370 (yeah, that was amazing days) and today software engineering at Cerber Tech is how I make my living. I've taught to have high standards for myself as well as using them in developing software solutions.

View Comments
There are currently no comments.