Releases
Releases
Posted By Gregory

WP Cerber Security 8.9


English version: WP Cerber Security 8.9


このバージョンでは、WP Cerberの多くの部分に、小さいながらも重要な変更と更新が多数含まれていますが、主にマルウェアスキャナーに適用されます。ファイルスキャンのほぼすべての側面が改善され、最適化されています。これは、誤検知が少なくなり、リスク分析がより正確になり、スキャンパフォーマンスが向上することを意味します。それらのほとんどは内部にありますが、スキャナーの使用感が向上することを期待しています。

重大な変更

サポートされているPHPの最小バージョンは7.0です。

改善点

  • 更新されたスキャン統計およびフィルタリングウィジェット。並べ替えに関する最も重要な問題を動的に表示します。
  • スキャナーステップの完了率が表示されます。
  • マルウェアが不正なファイル名を作成して検出を妨げる場合にスキャン結果ページのレイアウトで発生する可能性のある問題を回避するために、スキャナーレポートの不正な形式のファイル名のサニタイズが改善されました。
  • 多言語プラグインを使用したWebサイトでのWordPressロケールとバージョンの処理が改善されました。
  • 欠落しているwp-config-sample.phpファイルは、スキャン結果の問題として報告されなくなりました。
  • 「電子メールアドレスを制限する」および「禁止されているユーザー名」の設定フィールドのREGEXパターンの処理を改善しました。現在、それらはREGEX数量詞をサポートしています。
  • 禁止ページのテキストが翻訳可能になりました。
  • wp-config.phpファイルでPHP定数CERBER_HUB_UAを定義することにより、メイン(マスター)Cerber.HubWebサイトからのリクエストに「User-Agent」文字列を指定できます。使用できる行は次define('CERBER_HUB_UA', 'My User Agent');
  • WPCerberクラウドへのネットワークリクエストの診断ログ。ロギングを有効にするには、wp-config.phpファイルでPHP定数CERBER_CLOUD_DEBUGを定義します。ロギングは、WPCerber管理ページでの管理操作のみを対象としています。追加する必要のある行は次define('CERBER_CLOUD_DEBUG', 1);
  • プラグイン管理ページの重大な変更:InternetExplorerブラウザーのすべてのバージョンとSafariブラウザーバージョン13.0以前はサポートされなくなりました。つまり、一部の要素が期待どおりに機能しない可能性があります。

マイナーなバグが修正されました

  • スキャナーのバグ:スキャン結果の一部の長いファイル名は、スキャン結果ページのレイアウトを壊し、ナビゲートして使用するのが困難になります。
  • スキャナーのバグ:ファイルが悪意のあるものとして識別された場合、不要なファイル拡張子は検出されません。
  • スキャナーのバグ:ファイルが欠落している場合、「完全なファイル名を表示」アイコンをクリックすると、スキャン結果に完全なファイル名が表示されません。
  • PHP警告:「/ wp-login.phpの未定義の変数$ user_login」
  • PHP警告:「/ wp-login.phpの未定義の変数$ error」
  • PHP 8非推奨:「必須パラメーター$ functionは、/ plugins / wp-cerber /cerber-scanner.phpのオプションパラメーター$ patternに従います。」
  • PHPの致命的なエラー:「cerber-load.phpの未定義の関数crb_admin_hash_token()を呼び出します。」
  • PHPの通知:「未定義のプロパティ:cerber-load.phpのWP_Error :: $ ID」

I'm a team lead in Cerber Tech. I'm a software & database architect, WordPress - PHP - SQL - JavaScript developer. I started coding in 1993 on IBM System/370 (yeah, that was amazing days) and today software engineering at Cerber Tech is how I make my living. I've taught to have high standards for myself as well as using them in developing software solutions.

View Comments
There are currently no comments.